PHPの将来性を考える

PHP案件の探し方は意外と簡単

意外と簡単!PHP案件の探し方

LINEで送る
Pocket

PHPの仕事はすぐ見つかる

PHP案件を探そうと思ったら見つけるのはとても簡単です。PHPの空洞化は、PHPで仕事をしたいフリーランスにとってはむしろチャンスでもあります。フリーランスの仕事の探し方としては、営業をするか案件サイトを探すかの2つがスタンダードですが、他の人がやっていない方法を模索することも大切です。一度PHP案件を請け負う流れを作っておけば、その後の案件受注もスムーズになるでしょう。おすすめは、フリーランスの案件サイトをまず利用してみることです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのITエンジニアをサポートしている業界大手の案件サイトです。サイトに公開されている案件は全体の一部ですが、それでも数多くのPHP案件が公開されています。保有している案件の80%以上が非公開案件なので、まずは専門のコーディネーターに相談してみることをおすすめします。フリーランスと現場双方を知り尽くしたプロのコーディネーター陣が、フリーランスの活動をしっかりとサポートしてくれます。  
案件数の多さはもちろんのこと、単価が高いことも高評価のポイントです。丁寧で素早いサポートによって、希望の案件を紹介してくれるはずです。
どのようなPHP案件があるのか確認してみよう
 

ジョブリーフリーランス

ジョブリーフリーランスは、フリーランスのエンジニアやプログラマ向けの案件を紹介するサービスです。PHP案件の数が豊富で、フリーランスのPHPエンジニアについての詳しい解説も掲載されています。自社開発も行う企業が運営しているので、エンジニアやプログラマの気持ちに沿ったサポートが可能です。業界に詳しいプロのコーディネーター非公開案件の紹介も行っているので、フリーランスのPHP案件を探すなら要チェックのサービスです。  
エンド直請けの案件が多く高額収入を期待できるのがポイントのひとつ。スピーディな案件紹介にきっと納得できるはずです。
どのようなPHP案件があるのか確認してみよう
 

SNSやブログを使って集客する

フリーランスの営業方法として活用したいのがSNSやブログです。仕事用のTwitterアカウントを作り、PHPに関することやフリーランスの仕事に関することについてツイートしてみましょう。ツイートが増えるにつれ、同業や関連業の方とのつながりから仕事の相談が増えることもあります。エンジニア関連の情報をTwitterで集めている人は多いので、有益な情報を発信すれば興味を持った人が近寄ってきてくれるでしょう。短期的にフォロワーを増やそうとせず、コツコツ運用しながら徐々にフォロワーを増やすぐらいの気持ちでいたほうが長続きしますし、良いコミュニティーを見分けることもできます。 ブログはSNSに比べると手間がかかったり運用が難しかったりする側面がありますが、しっかりとしたコンテンツを作れば読者は増え、ブログ経由の相談や問い合わせが来るようになります。ブログのコンテンツを充実させるまでには時間がかかるので、時間に余裕がある時に進めていくようにしましょう。
PHPはどうなる?

PHPの空洞化が進んでいる現状についてあらためて分析しつつ、PHPの将来について考えるサイトです。お問合せはMAILにお願いします。